使える心理学!心理テクニック集

  心理テクニック集(目次)

人の気持ちを読む,心理学のイメージ

人の気持ちを読む、集団の心理、犯罪の心理などなど。様々な心理学、心理テクニックをご紹介。※ 恋愛、ビジネス、マーケティング、勉強法、自己分析、自己啓発、人身掌握は、別ページに移動させした。

 

  人の気持ちを読む   
 ●  ボディランゲージ  
 ●  思考の偏りを読む  
 ●  思考パターンを読む 

 

  集団の心理学     
 ●  集団心理を知る   

 

  犯罪の心理学     
 ●  犯罪心理を知る   

 

 ストレスとメンタル疾患 
 ●  ストレスの原因   
 ●  ストレスを解消する 

 

 心理学以外のテクニック 
 ● 経験則、哲学、社会学 etc.

 

  組み合わせ戦略    
 ※作成中
 定期更新中、最新情報をチェック!

 

  心理学の原理・法則・効果(用途別)

 

人の気持ちを読む

マッチングリスク意識で不安に駆られる女性

 

  ボディランゲージ  

 

非言語コミュニケーション
言葉以外の手段で情報を伝えるコミュニケーション。表情、声のトーン、ジェスチャー、視線、服装、身だしなみ、触れ合い、距離感など。

 

 ボディランゲージ 
言葉以外の手段で情報を伝えるコミュニケーション。表情、視線、ジェスチャー、声のトーン、距離感、身体接触など。

 

 メラビアンの法則 
コミュニケーションにおいては「視覚情報 55%、聴覚情報 38%、言語情報 7%」の割合で影響を与えるという法則。

 

 パラ言語 
会話における声のトーン・大きさ・速さ・間・抑揚など、言葉以外の情報。会話相手の感情や意図を読み取るための要素になる。

 

 カイネシックス 
会話における表情・視線・身振り手振りなどの、しゃべり以外の動作。会話相手の感情や意図を読み取る要素のひとつ。

 

目次に戻る↑

 

 

  思考の偏りを読む  

 

 認知バイアス 
人は情報を処理する際に、無意識に偏った見方をする。ある情報を受け取ったとき、自分の考えや経験に基づいて判断してしまう。

 

一貫性バイアス
一度決めたことや信じたことを変えず、意見や行動を一貫させようとする。

 

親和性バイアス
自分と似た人やグループを好む。自分と共通点がある人を好きになりやすい。

 

反復バイアス
同じ情報を何度も見たり聞いたりすると、その情報に対する信頼感が高まる。

 

生存バイアス
成功例や生き残ったものだけを見て、失敗例や淘汰を考えず判断してしまう。

 

後知恵バイアス
物事が起こった後に、最初からその結果が予測可能だったかのように考える。

 

帰属バイアス
成功や失敗を、個人の特性や能力に過度に帰属させてしまう。その他、バイアス一覧は認知バイアスをクリックしてね。

 

 バーナム効果 
誰にでも当てはまるような曖昧な話を、あたかも自分のことのように感じてしまう心理現象。占い師などが使うワザ。フォアラー効果とも。

 

 レイク・ウォビゴン効果 
自分が平均よりも優れていると信じ込む、自分を特別だと思い込む傾向。

 

 ダニング・クルーガー効果 
能力が低い人は自分を過大評価しがち、能力が高い人は自分を過小評価しがち。

 

 ステレオタイプ効果 
あらかじめ持っているイメージや思い込みに基づいて相手を判断してしまう心理現象。先入観や偏見のこと。

 

目次に戻る↑

 

 

  思考パターンを読む  

 

 自己正当化の原理 
自分の行動や考えを合理化し、正当化しようとする心理。主に「認知的不協和の解消」のために作用する。

 

 認知の歪み 
思考のクセによって生じる、不合理で主観的な思考パターン。過去の経験や信念に基づき、情報を歪めて解釈してしまう。

 

感情的推論(認知の歪み)
他人の感情や意図を推測する。例:友達の涙を見て、何か悲しいことがあったと推測する。上司が怒鳴るのを見て、自分に腹を立てていると思ってしまう。

 

過度な一般化(認知の歪み)
部分的な情報から、全体を判断する。例:一度の失敗で、自分は何もできないと諦める。一人に嫌われただけで、自分は誰からも愛されないと思ってしまう。

 

べき思考(認知の歪み)
「〜すべきだ/すべきではない」といった極端な思考パターン。完璧主義、自己否定、二元論(良い悪い/白か黒か)に陥りやすい。

 

カタストロフィーレン(認知の歪み)
ドイツ語で「過剰な心配」という意味。大げさに考える、心配しすぎる、被害妄想の類。不安症やうつ病などの精神疾患の症状として現れることがある。

 

 欲求のピラミッド 
マズローの欲求階層説をピラミッド構造で示したもの。人間の欲求を5階層に分類、下から生理的欲求、安全欲求、社会的欲求、承認欲求、自己実現欲求。

 

 防衛機制 
不安、葛藤、ストレスなどの不快な感情から自分自身を守るため、無意識のうちに働く心の防衛システム。

 

 MBTI性格診断 
ユング心理学に基づいた性格診断ツール。正式名はマイヤーズ=ブリッグス・タイプ指標。4つの指標から16タイプに分類。

 

 エニアグラム 
人間の性格を9タイプに分類する性格診断ツール。完璧主義者・助ける人・成果主義者・個性主義者・観察者・忠誠型・楽観主義者・挑戦者・平和主義者。

 

 ビッグファイブ 
人間の性格を5つの因子で説明する理論。開放性、誠実性、外向性、協調性、神経症傾向の5因子の強弱から分類。

 

目次に戻る↑

 

 

集団の心理学

車ではしゃぐ老人たち,集団心理のイメージ

  集団心理を知る  

 

 社会的証明 
周囲の判断が自分より正しいと思いこみ、その後の行動を決めてしまう心理メカニズム。同調現象の一種。

 

 同調効果 
無意識に周囲に合わせてしまう心理現象。街中で多くの人が向かっている場所に自分も向かいたくなる気持ち。

 

 集団思考 
集団の中では個人の判断力が低下し、集団全体の意見に同調してしまう心理。正解が分からない時は、周囲の意見に同調しがち。

 

 集団相対化 
集団内の価値観に同調し、個人の判断や行動が変化する心理。客観的に見ると間違っていることでも、集団内だと正しいと感じる。

 

 リスキーシフト 
集団で意思決定を行う場合、個人で判断するよりもリスクの高い選択を選びやすくなる心理現象。

 

 社会的手抜き 
集団で作業を行う際に、個々人が単独で行う場合よりもパフォーマンスが低下する現象。責任分散、評価分散、フリーライダーなどから説明できる。

 

 ストライサンド効果 
ある情報を隠そうとする行為が、かえってその情報を拡散させてしまう現象。

 

目次に戻る↑

 

 

犯罪の心理学

捜査する刑事,犯罪心理のイメージ

  犯罪心理を知る  

 

 破損窓理論 
壊れた窓や落書きなどを放置すると、犯罪や非行を誘発するという理論。周囲の環境が人の行動に与える影響。

 

 マインドコントロール 
他人の思考や行動、感情を意図的に変化させる手法。操作者の都合に合わせた意思決定・行動へと誘導する。いわゆる洗脳。

 

 感情的脅迫 
感情的に相手を支配しようとする行為。例えば暴力や暴言、自殺をほのめかす、相手を罪悪感で責める。モラハラの一種。

 

 ガスライティング 
他者を自分の思い通りにコントロールしようとする行為。言葉巧みに相手を混乱させ、自身の認識を疑わせるように仕向ける。

 

 サブリミナル効果 
意識レベルでは認識できない短い時間や弱い刺激で、人の潜在意識に働きかけ、行動や感情に変化をもたらす。聴覚限界以下の音量で流される音声など。

 

 傍観者効果 
緊急事態の際、周囲に人がいると、助けようとする人が減ってしまう現象。人任せにしてしまう。

 

目次に戻る↑

 

 

ストレスとメンタル疾患

美人女医,メンタル治療のイメージ

 

  ストレスの原因  

 

 トラウマ 
強い恐怖や苦痛を感じる出来事の後に生じる。これらの経験は、脳の機能に変化をもたらし様々な症状を引き起こす。悪夢・不安・恐怖・頭痛・胃痛など。

 

 心理的リアクタンス 
自分の自由が制限されたり奪われたりすると、それを取り戻そうとする心理。

 

 ヤマアラシのジレンマ 
仲良くなりたい気持ちと、傷つけられたくないという気持ちの衝突によって生じる葛藤。近づきたいけれど、傷つくことを恐れて距離を取ってしまう状況。

 

 メンタルブロック 
「どうせダメだ」と否定的なイメージが浮かび、行動を起こせなくなっている状態。過去の失敗やトラウマ、周囲の批判やプレッシャーなどが原因。

 

セルフハンディキャッピング
自分の失敗を説明するために、事前に自分に障害を課す行為。自尊心を守ろうとする心理メカニズム。例えば、重要なプレゼン前に体調が悪いアピールをする。

 

 ダブルバインド 
矛盾する二つのメッセージを同時に伝え、相手に混乱や葛藤を引き起こし、行動を誘導するテクニック。二重拘束とも。

 

 スポットライト効果 
自分は他者から注目されていると過剰に評価してしまう心理。

 

 燃え尽き症候群 
仕事や勉強などを頑張り過ぎて心身ともに疲弊している状態。意欲喪失・無気力・疲労感などの症状が現れる。バーンアウトとも。

 

目次に戻る↑

 

 

  ストレスを解消する  

 

 ストレス解消効果 
ストレスホルモンの分泌を抑制し、心身の緊張を和らげる心理メカニズム。

 

 リラクセーション 
ストレスを解消し、心身をリラックスさせる方法。深呼吸、瞑想、ヨガなど。

 

 自己肯定感 
自分自身を価値ある存在として肯定する気持ち。自己肯定感の高い人は、自信を持ち主体的に行動することができる。

 

 レジリエンス 
ストレスやプレッシャーに負けることなく目標に向かって努力し続ける力。ストレス耐性、適応力とも。

 

 ABC理論 
人の感情は出来事そのものによって直接的に決まるのではなく、出来事に対する認知によって決まる「出来事→結果」ではなく「出来事→認知→結果」

 

 プラセボ効果 
プラセボ(偽薬)を服用すると、なぜか症状が改善する現象。例:医者から「効果が強い」と言われた薬を服用すると、同じ薬でも普段より効きが良くなる。

 

 マインドフルネス 
余計なこと考えずに「今この瞬間」に意識を集中させるテクニック。集中力アップ・ストレス軽減・メンタル安定などの効果がある。

 

 瞑想 
雑念を払い意識を集中、心を落ち着かせる精神修行法。ストレス解消、集中力向上などの効果がある。

 

アンガーマネージメント
怒りをコントロールするための心理トレーニング。具体的には6秒ルール、アンガーログ、アサーティブコミュニケーションなどがある。

 

アサーティブコミュニケーション
相手を尊重しつつ、自分の意見や要求を率直に伝える方法。単なる自己主張とは異なり、相手との相互理解を重視する。

 

テンション・リダクション効果
人は緊張状態から解放された後、注意力や思考力が低下し、普段よりも無防備な状態になる。

 

 暗示効果 
言葉や合図などで、他者の思考や行動を無意識のうちに誘導するテクニック。

 

 催眠効果 
特定の手法を用いて、相手の潜在意識にアクセスする心理学的な技術。心理療法、自己啓発、パフォーマンス向上などに用いられる。

 

 行動療法 
問題行動を改善するための心理療法。悪い習慣を正すためのテクニック。古典的条件付け、オペラント条件付け、認知行動療法などがある。

 

 認知療法 
メンタル面から行動を改善するための心理療法。ネガティブ思考を正すためのテクニック。うつ病、不安障害、摂食障害などの症状改善に。

 

 EFT (感情解放法) 
ツボを刺激しながら過去のトラウマやネガティブな感情を解放する心理療法。

 

 ラベリング 
言葉により物事や人にラベルを貼り、意味づけを行う心理学テクニック。

 

 夢分析 
夢の内容を分析することで、無意識にある心の葛藤や欲求を理解する手法。自己理解や心理療法に活用されている。

 

セルフコンパッション
自分の欠点や失敗を受け入れる、自分を批判したり責めたりしない、自分自身に対して思いやりを持つこと。

 

 ポジティブ思考 
困難な状況でも希望を持つ、失敗を学びの機会と考える、物事の良い面に注目する思考法。ネガティブ思考はその逆。

 

 楽観主義 
物事は最終的に良い方向に進むと信じる性格。未来に対して希望を持つ、困難な状況でも諦めない。悲観主義はその逆。

 

 セルフマネジメント 
自分の感情や行動をコントロールし、目標達成に向けてマネジメントする能力。時間管理、ストレス管理、モチベーション維持に。

 

メンタルトレーニング
精神的な強さを鍛え、パフォーマンス向上を目指すトレーニング。集中力、創造力、自己肯定感などを高める。

 

 コーピング 
ストレスや困難な状況に直面した時、心身の健康を維持するために用いる様々な方法。ストレス対処能力のこと。

 

目次に戻る↑

 

 

心理学以外の使えるテク

庭園を歩く女性たち

 

  経験則、哲学、社会学  

 

ゆでガエル理論
ゆっくりと変化する環境に気づかず、取り返しのつかない状況に陥ってしまう。ガエルをゆっくり加熱すると最初は熱さに気づかず、最終的には逃げ遅れてしまうという物語から(教訓)

 

おたまじゃくし理論
人間の成長過程は、おたまじゃくしがカエルになる過程に似ている。それぞれの成長段階にそれぞれの特徴と課題があるため、成長段階に合わせた適切な支援が必要である(教育論)

 

パレートの法則、80:20の法則
全体の数値の8割は、全体を構成する要素の2割が生み出しているという法則(経験則)

 

2:6:2の法則、働きアリの法則
集団において、貢献度やパフォーマンスが高い人が2割、中間層が6割、貢献度やパフォーマンスが低い人が2割という法則(経験則)

 

マーフィーの法則
「何がうまくいくか考えるよりも、何がうまくいかないかを考えた方が正確だ」という考え方。予期せぬトラブルは起こりやすいということ(経験則)

 

3:33の法則
サービスや商品などに満足した人は3人にその話を広め、不満に感じた人は33人にその話を広めるという考え方(経験則)

 

ゴドウィンの法則
インターネット上での議論が進むと、人々が攻撃的になり、議論の品質が低下する。感情が高まると論理的な議論が難しくなり、個人攻撃が増える(経験則)

 

ディヘイの法則
「簡単な仕事はいつでもできるという理由で、常に先送りされる」という法則(経験則)

 

ハインリッヒの法則
1件の重大事故の背後には29件の軽微な事故があり、その背景には300件の異常が存在するという法則(経験則)

 

カニンガムの法則
「インターネット上で正しい答えを得る最良の方法は質問することではなく、間違った答えを書くことである」という法則(経験則)

 

ジャネーの法則
人生のある時期における時間の心理的長さは、年齢に反比例するという法則。年齢が上がるにつれて時間の流れが速く感じるようになるというもの(経験則)

 

1万時間の法則
ある分野で世界レベルのスキルを習得するには1万時間の練習が必要。しかし1万時間という数字の根拠はあいまいで成功を保証するものではない(経験則)

 

マタイ効果
すでに成功している人ほど注目され、さらに成功する可能性が高まる現象。聖書の言葉、マタイによる福音書が由来(社会学)

 

ギバー・テイカー
人間関係における利他的行動と利己的行動を表す言葉。ギバーは与える人、テイカーは与えられる人(社会学)

 

社会交換理論
人々が互いに助け合って利益を得る行動。例えば、友達が助けてくれたら、あなたもその友達を助けるような関係(社会学)

 

社会的ジレンマ
個人の合理的な選択が、集団全体にとって非合理的な結果をもたらしてしまう状況。個人の利益と集団の利益が衝突する状況で起こる(社会学)

 

エメットの法則
仕事を先延ばしにすると実際にこなすよりも多くの時間とエネルギーを消耗するという考え方(社会学、経営学)

 

限界効用逓減の法則
消費量が増えるにつれ、そのサービスから得られる満足度(効用)は次第に減少していく。最初のアイスクリームは美味しいけれど2つ目は……(経済学)

 

パーキンソンの法則
仕事の量は、完成までに与えられた時間をすべて満たすように膨張していく。締め切りが長ければ長いほど、仕事にかける時間も長くなる(経営学)

 

カルマの法則
行動すると必ず結果が返ってくるという。良いことをすれば良い結果が、悪いことをすれば悪い結果が返ってくる(インドの哲学・因果論)

 

原因と結果の法則
何かが起こると、それには必ず理由があって、それがまた別のことを引き起こす。植物に水を与えると成長するように、ある出来事が別の出来事を引き起こす(西洋の哲学・因果論)

 

引き寄せの法則
強く願ったり、信じたりしたものは実現しやすいという考え方。ポジティブな考えや感情を持つことで、結果的に幸せが引き寄せられる(哲学)

 

公正世界仮説
世界は公正で、良い行いには良い報いが、悪い行いには悪い報いがあるという考え方(認知バイアスの一種)

 

コップの水理論
コップに入った水が「半分しか入っていない」と捉えるか「まだ半分も入っている」と捉えるか(ピーター・ドラッカーの言葉)

 

スタージョンの法則
SFの90%はゴミである。あらゆるものの90%はゴミである。質の高い作品を見つけるには多くの作品に触れろ(SF作家シオドア・スタージョンの言葉)

 

くまばちマインド
飛べそうに見えない「くまばち」が空を飛んでいることから「不可能を可能にする」という意味に。固定観念にとらわるな、という意味も(イノベーション)

 

スピリチュアル
大きな何かとつながっている感覚。宗教・信仰・死後の世界・超自然的なもの。スピリチュアリティが高い人は、幸福感や充実感も高まる(宗教心理学)

 

マーチンゲール法
ギャンブルで用いられる勝率50%の賭け方。負けたら次の賭け金を倍にすることにより、必ず勝ちを取り損失を回収するという方法(確率論)

 

(本文終わり)

目次に戻る↑

[恋愛心理]

恋愛心理のイメージ

第一印象、親しくなる、誘い方 etc.

 

[ビジネス心理]

ビジネス心理のイメージ

人間関係、チームワーク、交渉術 etc.

 

[マーケティング心理]

マーケティング心理のイメージ

消費者心理、プレゼンテーション etc.

 

[学習心理]

学習心理のイメージ

やる気、継続、記憶、情報処理 etc.

 

[自己分析]

自己分析のイメージ

自分を知る、バイアス、性格診断 etc.

 

[自己啓発]

自己啓発のイメージ

自分を変える、感情のコントロール etc.

 

[人心掌握]

人心掌握のイメージ

人を動かす、無意識を操る、説得する etc.

 

[その他、心理テクニック]

心理テクニック集のイメージ

人の気持ちを読む、メンタルヘルス etc.

 

[認知心理学の用語集]

認知心理学のイメージ

記憶、知覚、思考、バイアス etc.

 

[社会心理学の用語集]

社会心理学のイメージ

印象形成、感情と行動、コミュ力 etc.

 

[その他、心理学用語集]

心理学用語集のイメージ

行動経済学、ポジティブ心理学 etc.

 

[基礎心理学]

基礎心理学のイメージ

心理学の分野・分類・基礎を知りたい方に

 

[応用心理学]

応用心理学のイメージ

どの分野で何を研究している知りたい方に

 

[記事まとめ @ ]

心理学テクニックまとめ01

返報性の原理など、100記事

 

[記事まとめ A ]

心理学テクニックまとめ02

マジカルナンバーなど、現在更新中

 

[TOP PAGE]

AIから学ぶ心理学テクのヘッダー

最新情報はこちらから!

 

先頭に戻る↑