使える心理学!心理テクニック集

  仕事で使える心理学

ビジネス心理学のイメージ

仕事・ビジネスに使える心理テクニックまとめ。成果を上げたい、認められたい、出世したい。必要なものを探してみて下さい!

 

  心理テクニック集:目次  
 ●  人間関係、信頼関係 
 ●  チームワーク   
 ●  交渉テクニック  
 ● 評価する、評価される

 

ビジネスマン,ビジネス心理学のイメージ

 

  人間関係、信頼関係  

 

 返報性の原理 
人から何かを受け取ったり、好意を受けたりした時に、お返しをしたいという気持ちになる心理。

 

 一貫性の原理 
人は自分の行動や発言、態度などを一貫したものとして維持したいという心理。

 

 共感効果 
相手の気持ちに共感することで信頼関係を築き、説得しやすくしたり協力を得やすくなったりする心理効果。

 

 好意の返報性 
人から受けた好意や親切に対して、自分も返礼したいという気持ちになる心理。

 

 ミラーリング 
相手の仕草や話し方をマネることで、共感や親近感を築く心理テクニック。

 

アサーティブコミュニケーション
相手を尊重しつつ、自分の意見や要求を率直に伝える方法。単なる自己主張とは異なり、相手との相互理解を重視する。

 

 ラポール・テクニック 
相手と信頼関係を築きコミュニケーションを良好にするための心理テクニック。

 

 ヤマアラシのジレンマ 
仲良くなりたい気持ちと、傷つけられたくないという気持ちの衝突によって生じる葛藤。近づきたいけれど、傷つくことを恐れて距離を取ってしまう状況。

 

 ダブルバインド 
矛盾する二つのメッセージを同時に伝え、相手に混乱や葛藤を引き起こし、行動を誘導するテクニック。二重拘束とも。

 

アンガーマネージメント
怒りをコントロールするための心理トレーニング。具体的には6秒ルール、アンガーログ、アサーティブコミュニケーションなどがある。

 

 ブーメラン効果 
人を非難したり攻撃したりすると、自分にも非難や攻撃が返ってくる現象。逆に、人に親切にすると好意で返してくれる。バックファイア効果とも。

 

 ジョハリの窓 
自分から見た自分と、他者から見た自分を4パターンに分類したモデル。コミュニケーションギャップや誤解を解くの有効。

 

NLP (神経言語プログラミング)
人間の思考、行動、感情のパターンを理解し、変化させる心理テクニック。

 

 自己開示 
自分自身の考え、感情、経験などを他人に伝えること。他者との信頼関係、親密な人間関係を築くための行為。

 

 グラティテュード 
感謝の気持ちのこと。人間関係の改善以外にも、幸福感向上やストレス軽減の効果がある。ポジティブ心理学の概念。

 

目次に戻る↑

 

人の多いオフィス,集団思考のイメージ

 

  チームワーク  

 

 ナッジ理論 
人々の選択を強制することなく「ちょっとした工夫」によって望ましい行動をさせる心理テクニック。例えば、ランチメニューの最初をヘルシー食にする。

 

 同調効果 
無意識に周囲に合わせてしまう心理現象。街中で多くの人が向かっている場所に自分も向かいたくなる気持ち。

 

 集団思考 
集団の中では個人の判断力が低下し、集団全体の意見に同調してしまう心理。正解が分からない時は、周囲の意見に同調しがち。

 

 集団相対化 
集団内の価値観に同調し、個人の判断や行動が変化する心理。客観的に見ると間違っていることでも、集団内だと正しいと感じる。

 

 リスキーシフト 
集団で意思決定を行う場合、個人で判断するよりもリスクの高い選択を選びやすくなる心理現象。

 

 社会的手抜き 
集団で作業を行う際に、個々人が単独で行う場合よりもパフォーマンスが低下する現象。責任分散、評価分散、フリーライダーなどから説明できる。

 

 社会的証明 
周囲の判断が自分より正しいと思いこみ、その後の行動を決めてしまう心理メカニズム。同調現象の一種。

 

 ラベリング効果 
人にラベルを貼る=イメージを植え付ける。ラベリングされた人は行動が変わる。期待効果と自己成就の予言から説明できる。

 

 期待効果 
人は周囲から期待された通りの行動をとるようになる。ピグマリオン効果とゴーレム効果から説明できる。

 

 ゴーレム効果 
周囲からの期待が低いと、実際のパフォーマンスも低下してしまう。

 

 ピグマリオン効果 
周囲からの期待が高いと、実際のパフォーマンスも向上する。

 

 アンダーマイニング効果 
好奇心や喜びなど内発的動機づけによって行動していた相手に対し、報酬や褒美といった外発的動機づけを与えると当人のモチベーションが低下する。

 

 権威への服従 
権威者・権力者からの命令に服従してしまう心理傾向。他者に強い電気ショックを与えるミルグラム実験が有名。

 

 コーチング 
単なるアドバイスや指示ではなく、相手の潜在能力を引き出し目標達成や自己実現をサポートする技術。

 

ゲーミフィケーション
ゲーム要素をゲーム以外の分野に取り入れ、モチベーションを高める方法。学習効果向上などの効果がある。

 

 燃え尽き症候群 
仕事や勉強などを頑張り過ぎて心身ともに疲弊している状態。意欲喪失・無気力・疲労感などの症状が現れる。バーンアウトとも。

 

目次に戻る↑

 

プロスペクト理論でプレゼンを成功させたキャリアウーマン

 

  交渉テクニック  

 

ドアインザフェイス・テクニック
最初に大きな要求を出し、断られたら小さな要求を出す。最初の要求を断らせることで、その後の小さな要求が受け入れられやすくなる心理テクニック。

 

フットインザドア・テクニック
相手にまず小さな要求を承諾させる。その後、徐々に要求レベルを上げていく。一貫性の原理を応用した心理テクニック。

 

 ローボール・テクニック 
まず相手に非常に高額な要求をすることで、その後の妥当な価格に承諾してもらいやすくする心理テクニック。

 

 YESセット 
相手から「はい」という返答を引き出す質問を繰り返し、本命の質問にも「はい」と答えやすくする交渉テクニック。一貫性の原理の応用。

 

 ランチョン・テクニック 
頼み事をする相手に、まず小さな「貸し」を作っておく交渉テクニック「ランチおごるから、お願い!」みたいな。

 

 レッド・ヘリング 
議論や交渉において、意図的に重要な情報から注意を逸らすための心理テクニック。すり替え論法とも。

 

 ホット・リーディング 
事前に相手の状況について調査し、あたかもその場で心や過去を読んだかのように思わせる心理テクニック。

 

 コールド・リーディング 
手がかりとなる情報なしに、相手の性格や行動を推測する心理テクニック。占い師やマジシャンなどが用いる。

 

ハードトゥゲット・テクニック
「簡単に手に入らないものほど価値がある」という心理を利用し、相手からの好意や信頼を得るテクニック。希少性の原理の応用。

 

 アクティブリスニング 
話を聞くだけでなく、相手の話に共感し、理解するコミュニケーションスキル。

 

 ペーシング 
相手の行動や言動に意識的に合わせるコミュニケーション技術。言葉遣い、声のトーン、話す速度などを合わせ親近感を与える。

 

 ストーリーテリング 
物語を使って情報を伝える、人を説得する、気持ちを動かすための技術。プレゼン、教育、マーケティングなどでよく使われる。

 

目次に戻る↑

 

スキーマについて学ぶ男性

 

  評価する、評価される  

 

 ハロー効果 
人の印象を決定する際、目立つ特徴に引きずられて全体的な評価が歪められる。ルックスが良いと性格も良さげに見える。

 

 ホーン効果 
人の悪いところ劣るところに目が行き、それ以外の評価も下げられしまう。ルックスが悪い人は、性格も悪く見える。

 

 レイク・ウォビゴン効果 
自分が平均よりも優れていると信じ込む、自分を特別だと思い込む傾向。

 

 ダニング・クルーガー効果 
能力が低い人は自分を過大評価しがち、能力が高い人は自分を過小評価しがち。

 

 コントラスト効果 
あるモノを別のモノと比較することで、その印象が実際よりも大きく変化する心理メカニズム。

 

 目標設定理論 
高い目標を設定することで、モチベーション維持・パフォーマンス向上を図る心理テクニック。SMARTなどの手法がある。

 

 フロー効果 
時間感覚を失うほど、目の前の活動に集中している状態。高い集中力やパフォーマンス、達成感や充実感を感じる。

 

 作業興奮の原理 
作業を始めることにより脳が活性化、集中力や意欲が高まる現象。作業を始めて5〜10分程で、神経伝達物質が分泌され始める。

 

ヤーキーズ・ドットソンの法則
適度な緊張はパフォーマンスを向上させるが、過度な緊張は逆にパフォーマンスを低下させてしまう。

 

ポモドーロ・テクニック
25分間作業に集中し5分間の休憩を取る、このサイクルを繰り返す時間管理術。時間を区切って集中することで効率性を高める。

 

 ピークパフォーマンス 
持てる力を最大限に発揮している状態。ピークパフォーマンスを発揮するには、心身のコンディションが良好であること。

 

 ツァイガルニック効果 
未完了のタスクは、完了したものよりも記憶に残りやすい。何かをやり残した状態の方が、脳に強く印象づけられる。

 

 モデリング 
誰かの行動を観察し、それをマネることで学ぶ学習方法。例えば、スポーツのプレイスタイルや仕事のスキルを真似てみたり。

 

 生存バイアス 
成功した例や生き残ったものだけを見て、失敗した例や淘汰されたものを考慮せずに判断してしまう。

 

 自己成就予言 
人は自分が強く信じていることが現実になるような行動を取る。

 

 コミットメント効果 
自身の目標を公表することで、その目標を達成できる可能性が上がる。類似の現象に、告知効果がある。

 

 自己呈示効果 
他者に好印象を与えるため、自分の良いところをアピールする心理。

 

 セルフマネジメント 
自分の感情や行動をコントロールし、目標達成に向けてマネジメントする能力。時間管理、ストレス管理、モチベーション維持に。

 

メンタルトレーニング
精神的な強さを鍛え、パフォーマンス向上を目指すトレーニング。集中力、創造力、自己肯定感などを高める。

 

(本文終わり)

目次に戻る↑

[恋愛心理]

恋愛心理のイメージ

第一印象、親しくなる、誘い方 etc.

 

[ビジネス心理]

ビジネス心理のイメージ

人間関係、チームワーク、交渉術 etc.

 

[マーケティング心理]

マーケティング心理のイメージ

消費者心理、プレゼンテーション etc.

 

[学習心理]

学習心理のイメージ

やる気、継続、記憶、情報処理 etc.

 

[自己分析]

自己分析のイメージ

自分を知る、バイアス、性格診断 etc.

 

[自己啓発]

自己啓発のイメージ

自分を変える、感情のコントロール etc.

 

[人心掌握]

人心掌握のイメージ

人を動かす、無意識を操る、説得する etc.

 

[その他、心理テクニック]

心理テクニック集のイメージ

人の気持ちを読む、メンタルヘルス etc.

 

[認知心理学の用語集]

認知心理学のイメージ

記憶、知覚、思考、バイアス etc.

 

[社会心理学の用語集]

社会心理学のイメージ

印象形成、感情と行動、コミュ力 etc.

 

[その他、心理学用語集]

心理学用語集のイメージ

行動経済学、ポジティブ心理学 etc.

 

[基礎心理学]

基礎心理学のイメージ

心理学の分野・分類・基礎を知りたい方に

 

[応用心理学]

応用心理学のイメージ

どの分野で何を研究している知りたい方に

 

[記事まとめ @ ]

心理学テクニックまとめ01

返報性の原理など、100記事

 

[記事まとめ A ]

心理学テクニックまとめ02

マジカルナンバーなど、現在更新中

 

[TOP PAGE]

AIから学ぶ心理学テクのヘッダー

最新情報はこちらから!

 

先頭に戻る↑